間宮総合法律事務所


English

パートナー弁護士紹介 Lawyers

間宮 順山本 和也吉村 悦章

間宮 順Jun Mamiya
登録:1988年弁護士登録
所属:第一東京弁護士会
主な取扱分野
M&A、プライベートエクイティ及びキャピタルマーケッツ、投資ファンド、コンプライアンス、労働案件、ジョイント・ベンチャー、フランチャイズ、知的財産権、IT関連、電子商取引、訴訟、仲裁、紛争解決
学歴
1983年 九州大学法学部 卒業
経歴
1988年 司法修習修了(40期)
1988年〜2004年 外立総合法律事務所(1993年より、同事務所パートナー)
2004年〜2008年 渥美総合法律事務所・外国法共同事業(同事務所パートナー)
2008年 間宮総合法律事務所開設
使用言語
日本語、英語
著作、論文
・"5. 提案システムの法制度面からの検討"(2002年度、経済産業省 調査研究報告書)(貿易金融EDIと行政手続の用に供するシステムの連携に関する調査研究報告書),2002
・"9. 国際商業会議所の検討状況"(ECOM報告書)(貿易金融プロセスの電子化の普及に向けてー普及編、ルール編),2000
・"貿易取引の電子化の実態"(ジュリスト No.1183 平成12年8月1・15合併号)(有斐閣),2000
・"4. 規約形成の国際的状況-国際商業会議所ルールドラフトに関する検討"(ECOM報告書)(貿易金融プロセスの電子化の実現に向けてーその制度的、技術的運用),1999
・"第3章 運用ガイドライン"(ECOM報告書)(貿易金融EDI実施ガイドラインについて),1999
・"4. 新たなる市場動向に見る制度的課題−国際取引を背景として"(ECOM報告書)(電子商取引のダイナミズムと制度的課題―国際取引を背景として),1998
・"サイバーモールに関するモデル契約"(ECOM報告書),1998
・" Japan unsure of future JLLs "(共著)(Guide to Aviation Lawyer 1997)(Air Finance Journal ),1997
セミナー
・C5(旧Euro Forum)主催 2005年9月26日からロンドンで開催された14回 International Patent Litigation Conferenceにて「Latest Developments in the Japanese Patent System」について
・第10回電子商取引実証推進協議会(ECOM)セミナー 1997年2月4日
ページトップへ
山本 和也Kazuya Yamamoto
登録:2000年弁護士登録、2004年ニューヨーク州弁護士登録
所属:第二東京弁護士会
所属団体:金融法学会
主な取扱分野
M&A、一般企業法務、投資ファンド、証券化その他ストラクチャード・ファイナンス
学歴
1993年 上智大学法学部国際関係法学科 卒業
2003年 ペンシルバニア大学ロースクール卒業(LL.M.)
経歴
2000年  司法修習終了(52期)
2000年〜2009年 渥美総合法律事務所・外国法共同事業(2005年4月より同事務所パートナー)
2003年9月〜2004年8月 McDermott, Will & Emery (New York)
2010年1月〜 間宮総合法律事務所
使用言語
日本語、英語
著作、論文
・「公開株式投資および日本版改正TOB規則」 Japan Review 2007年7月号 (Asialaw, 2007)
・「日本におけるプライベート・エクイティ投資に関する実務的な考察」 Japan Review 2007年7月号 (Asialaw, 2007) <共著>
・「日本におけるポイズン・ピルの具体化の検討[上][下]」 旬刊商事法務1694号-1695号 (2004) <共著>
・企業法律実務研究会編 『会社のトラブル解決文例書式集』 (新日本法規)
セミナー
・ヘッジファンド・インベストメント・ジャパン2006(2006年6月12日)「アメリカ及び日本における規制問題が日本のヘッジファンドマネージャーに与える影響」
ページトップへ
吉村 悦章Yoshiaki Yoshimura
登録:2003年弁護士登録
所属:第一東京弁護士会
学歴
1992年 早稲田大学法学部卒業
経歴
2003年 司法修習修了(56期)
2003年〜2004年 外立総合法律事務所
2004年〜2008年 渥美総合法律事務所・外国法共同事業
2008年 間宮総合法律事務所開設
使用言語
日本語、英語
ページトップへ
一覧に戻る